さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

<< 【海産蟹246】ヒラツメガニ | main | 【海産蟹248】アサヒガニ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【海産蟹247】イシガニ、アカイシガニ



いしがに(石蟹)
十脚目ワタリガニ科イシガニ属の蟹で、北海道南部から九州、韓国、中国に分布し、
浅海、磯や内湾の水深45mまでの砂泥底、岩礁域に生息し、甲幅10㎝程になる。
旬は秋から冬で、小型の蟹で身が少ないが、甘味があり塩湯でやみそ汁に向く。
コッパガニ、アミキリ、イシガネ、トビツキガニとも呼ばれる。


あかいしがに(赤石蟹)
十脚目ワタリガニ科イシガニ属の蟹で、東京湾から九州、オーストラリア、インド洋に分布し、
湾内の水深30から100mの砂地、砂泥底に生息し、甲幅10㎝程になる。
体全体が朱色でハサミは赤と白のまだら模様があり、夜間には港の岸壁についていることがある。
旬は秋から冬で、小型で市場に出回る量も少ないが、
甘味がありみそ汁や湯で、ブイヤベースに向く。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またイシガニは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://maruk-skn.jugem.jp/trackback/254