さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

<< 【海産海老241】アナジャコ | main | 【季節の魚】夏の魚介類 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【季節の魚】春の魚介類
水温が上がりだす春は魚の産卵期が多く、沿岸部にまで多くの魚類が回流してきます。魚はふつう産卵前がもっとも美味と言われており、多くの魚は産卵前に活発に餌をとって身も太り、脂質を貯え、同時にアミノ酸などの美味しい成分が増加すると考えられています。


また砂浜に生息する貝類も、春の終わりから初夏が産卵期であるものが多いので、貝の旬とも言えます。






サワラやニシンは春を告げる魚と呼ばれ、この時期の鯛はサクラダイとも呼ばれます。他にもホタルイカやイイダコ、サクラエビ等も春の訪れを感じさせる魚介類としてともよく知られており、「目に青葉 山ホトトギス 初鰹』のカツオや潮干狩りのアサリなど春には美味しい旬の魚介類が豊富です。


各地域、気候により異なる場合がありますが代表的なものには、

●魚では...
アイナメ(鮎魚女)、サワラ(鰆)、マコガレイ(真子鰈)、クロダイ(黒鯛)、コショウダイ(胡椒鯛)、コノシロ(鰶)、マダイ(真鯛)、アマゴ(雨魚)、ニジマス(虹鱒)、ヤマメ(山女魚)、イワナ(岩魚)、ムツゴロウ(鯥五郎)、マナガツオ(真魚鰹)、メバチマグロ(目鉢鮪)、キハダマグロ(黄肌鮪)、マガレイ(真鰈)、サクラマス(桜鱒)、ニシン(鰊)、ウミタナゴ(海鱮)、キビナゴ(黍女子)、イカナゴ(玉筋魚)、シラス(白子)、シロウオ(素魚)、シラウオ(白魚)、ウスメバル(薄眼張)、タケノコメバル(筍眼張)、メバル・クロメバル(黒眼張)、カツオ(鰹)、キダイ(黄鯛)、サヨリ(細魚)、キジハタ(雉子羽太)、チカメキントキ(近目金時)、クマササハナムロ(熊笹花室)、メイチダイ(眼一鯛、目一鯛)、ウキゴリ(浮鮴)、ノレソレ、エツ(刃形魚)、モツゴ(持子、脂魚)、タモロコ(田諸子)、ナマズ(鯰)、ニギス(似鱚、似義須)、マエソ(真狗尾魚、真鱛)、カナガシラ(金頭、方頭魚)、ホシガレイ(星鰈)などが。


●エビやイカ・タコ・カニ・貝類他には...
サクラエビ(桜海老)、クルマエビ(車海老)、アカザエビ(藜海老)、アナジャコ(穴蝦蛄)、トゲクリガニ(棘栗蟹)、イイダコ(飯蛸)、テナガダコ(手長蛸)、ジンドウイカ(神頭烏賊)、ホタルイカ(蛍烏賊)、アオリイカ(障泥烏賊)、シリヤケイカ(尻焼烏賊)、アサリ(浅利)、ハマグリ(蛤)、チョウセンハマグリ(汀線蛤)、シナハマグリ(支那蛤)、バカガイ(馬鹿貝)、トリガイ(鳥貝)、マテガイ(馬刀貝、馬蛤貝)、オオマテガイ(大馬刀貝、大馬蛤貝)、ウチムラサキ(内紫)、タイラギ(平貝、玉珧)、トコブシ(床伏、常節)、エゾボラ(蝦夷法螺)、マボヤ(真海鞘)、カメノテ(亀の手)などがあります。


※詳しくは各魚介類名でご覧下さい。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像または「maruk.jp」「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDをお買い求めいただけます。
maruk.jp
http://maruk.jp/
| comments(2) | trackbacks(0) | [その他] 季節の魚 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |
曇り空でしたが、梅雨入り前後時期の海釣りが、よく釣れる聞き、早朝から東伊豆へ行ったのでしたが、食べられない金魚(ネンブツダイ)や小メジナが釣り堀の様に多く釣れ、食べられる大きめなメジナと小サバと小イワシは少しだけでした。堤防の砂浜付近の景色が綺麗でよかったでしたが、アジを一番釣り上げたたかったです。まぁ民主党なんかが与党になる直前から民主党は駄目と分かってましたが、小沢一郎って奴が自分と同じ日本大学出身ってのが気に入らないです。脳挫傷の後遺症と闘いながらも愉快に楽しく笑い飛ばしながらの生活です。テトラポットの上に乗り釣りたかったですが、自分は事故後にバランス感覚の反射神経を悪くしたんでね?あとキレやすくで多くの人に迷惑かけてますが、民主党と東京電力社員の原発問題:東京電力と民主党のロゴマークはよく似ていますよねー?と、おもしろ写真画像記事にしてみました。
| 智太郎 | 2011/06/24 2:55 PM |

魚介類教えてください
| 井上礼良 | 2013/09/17 9:43 PM |










http://maruk-skn.jugem.jp/trackback/245