さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【海・汽水産二枚貝192】ハマグリ、チョウセンハマグリ、シナハマグリ



はまぐり(蛤)
マルスダレガイ貝マルスダレガイ科ハマグリ属の海産・汽水産二枚貝で、
北海道南部から九州に分布し、内湾の砂泥底に生息し河口付近の浅い海に多く、全長10㎝程になる。
同じく国内産の外洋性のチョウセンハマグリがある。
貝殻は光沢があり厚め。桑名のハマグリが有名だが、近年日本産は激減している。
貝殻は同じ貝しか合わず、貝合わせの遊びに使われた。
旬は春で、吸い物や焼きハマグリ、酒蒸し、時雨煮に向く。


ちょうせんはまぐり(汀線蛤)
マルスダレガイ貝マルスダレガイ科ハマグリ属の海産二枚貝で、
茨城県以南、台湾、フィリピンに分布し、
水深20m位の外洋に面した砂地に生息し、全長15㎝程になる。
同じ国内産のハマグリと比べると本種の方が大型で平べったく丸みがあり貝殻は光沢がる。
近年日本産のハマグリとともに激減している。
旬は春で、吸い物や焼きハマグリ、酒蒸しに向く。
ジハマ、ジハマグリとも呼ばれる。


しなはまぐり(支那蛤)
マルスダレガイ貝マルスダレガイ科ハマグリ属の海産二枚貝で、
朝鮮半島南岸から中国大陸沿岸に分布し、全長10㎝程になる。
点と短い山形模様の斑紋があり貝殻には光沢がない。
ハマグリに比べて安く、市場に出回っているものは大半が本種で、
韓国や北朝鮮、中国から輸入され、国内で蓄養されて出荷されている。
旬は春で、吸い物や焼きハマグリ、酒蒸しに向く。




以上の画像はmaruk.jpで高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑
| comments(0) | trackbacks(0) | [貝類] ハマグリ(蛤) | TOP↑ |