さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【汽水淡水蟹249】モクズガニ



もくずがに(藻屑蟹)
十脚目イワガニ科モクズガニ属の蟹で、北海道から沖縄、台湾に分布し、
内湾の磯や河口、河川に生息し、甲幅8㎝程になる。
河川では大型のカニで、川で成長するが秋から冬に産卵のため海に下る。
旬は秋で、湯でや蒸し、汁物に向く。

モクゾウガニ、ズガニ、ツガニ、ツガネ、ヤマタロウ、カワガニ、
ケガニ、ヒゲガニ、ガンチとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またモクズガニは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産蟹248】アサヒガニ



あさひがに(朝日蟹、旭蟹)
十脚目アサヒガニ科アサヒガニ属の蟹で、本州中部以南、
ハワイ諸島以西からアフリカ東岸、太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布し、
水深10から50mの砂泥底に生息し、甲幅20㎝程になる。
体色は橙赤色で甲羅が縦長の楕円形、ハサミは鎌形。
旬は夏で、塩湯でや鍋、みそ汁に向く。
カブトガニ、ヨロイガニ、ヤクシマガニ、ショウジョウガニ、スパナクラブとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またアサヒガニは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産蟹247】イシガニ、アカイシガニ



いしがに(石蟹)
十脚目ワタリガニ科イシガニ属の蟹で、北海道南部から九州、韓国、中国に分布し、
浅海、磯や内湾の水深45mまでの砂泥底、岩礁域に生息し、甲幅10㎝程になる。
旬は秋から冬で、小型の蟹で身が少ないが、甘味があり塩湯でやみそ汁に向く。
コッパガニ、アミキリ、イシガネ、トビツキガニとも呼ばれる。


あかいしがに(赤石蟹)
十脚目ワタリガニ科イシガニ属の蟹で、東京湾から九州、オーストラリア、インド洋に分布し、
湾内の水深30から100mの砂地、砂泥底に生息し、甲幅10㎝程になる。
体全体が朱色でハサミは赤と白のまだら模様があり、夜間には港の岸壁についていることがある。
旬は秋から冬で、小型で市場に出回る量も少ないが、
甘味がありみそ汁や湯で、ブイヤベースに向く。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またイシガニは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産蟹246】ヒラツメガニ



ひらつめがに(平爪蟹)
十脚目ワタリガニ科ヒラツメガニ属の蟹で、北海道以南、南シナ海に分布し、
波打ち際から水深100mの湾内の砂底、砂泥底に生息し、甲幅12㎝程になる。
甲羅は全体に丸く、真中にH状の溝があり、白く斑紋のように見えるのが特長。
クセが無くみそ汁や鍋物、ゆでに向く。
キンチャクガニ、マルガニ、エッチガニとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またヒラツメガニは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産汽水蟹245】アミメノコギリガザミ



あみめのこぎりがざみ(網目鋸蝤蛑)
十脚目ワタリガニ科ノコギリガザミ属の蟹で、房総半島から沖縄、
台湾、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランド、インド洋に分布し、
河口やマングローブ林の干潟、水深1から10mに生息し、甲幅20㎝程になる。
日本にはアミメノコギリガザミ、アカテノコギリガザミ、トゲノコギリガザミの3種が生息する。
沖縄ではマングローブを代表するカニ。
左右のツメの大きさが均一でなく、このツメが美味しい高級食材。
旬は夏で、入荷量は少なく塩湯でや蒸しに向く。
マッドクラブ、マングローブクラブ、ドーマン、コウマル、トワタリとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またアミメノコギリガザミは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産蟹244】ジャノメガザミ



じゃのめがざみ(蛇の目蝤蛑)
十脚目ワタリガニ科ガザミ属の蟹で、南日本を含む西太平洋とインド洋に分布し、
湾内の水深20から30mの砂底、砂泥底に生息し、甲幅12㎝程になる。
甲羅は横長のひし形で扁平、白く縁取られた3つの黒丸紋がある。
旬は秋から冬で、入荷量は少なくワタリガニよりアジは落ちるが、
塩湯でや鍋物、炒め物に向く。モンガニ、モンツキワタリガニとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またジャノメガザミは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産蟹243】ガザミ



がざみ(蝤蛑)
十脚目ワタリガニ科ガザミ属の蟹で、北海道南部から九州、韓国、中国、台湾に分布し、
湾内の砂底、砂泥底に生息し、甲幅15㎝程になる。
甲羅は横長のひし形で扁平、雄の方が青みが強い。
旬は秋から冬で、高級で人気が高く輸入品も多い。
雄は秋、雌は卵を持つ冬が美味しい。
柔らかくコクがあり塩湯でや焼き、みそ汁に向く。
ワタリ、ワタリガニとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またガザミは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産蟹242】トゲクリガニ



とげくりがに(棘栗蟹)
十脚目クリガニ科クリガニ属の蟹で、北海道西部から三陸沿岸に分布し、
水深5から10mのアマモ場に生息し、甲幅7㎝程になる。
毛ガニと似ているが2周りほど小さいが、カニみそは濃厚。
旬は春の花見の頃で、湯でやみそ汁に向く。
クリガニ、サクラガニ、ハナミガニとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またトゲクリガニは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |
【海産/蟹154】ハナサキガニ



はなさきがに(花咲蟹)
十脚目タラバガニ科タラバガニ属のカニ類でなくヤドカリの仲間で、
北海道北東岸からサハリン、オホーツク海、ベーリング海に分布し、
水深20から200mに生息し、甲幅20㎝程になる。
タラバガニよりもやや浅目に生息し、同じ仲間では殻が最も堅くトゲも鋭い。
脚の数は10本だが見た目は8本。
旬は夏で、寿司ネタや湯で、焼き、鍋に向く。コンブガニとも呼ばれる。




以上の画像はmaruk.jpで高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑
| comments(0) | trackbacks(0) | [カニ] その他 | TOP↑ |