さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【海水魚115】ボラ(トド)



ぼら(鯔)
ボラ目ボラ科ボラ属の海水魚で、北海道以南、アフリカ西部を除く世界の温帯から熱帯海域に分布し、
成魚は沿岸の浅場や内湾に生息する。沖合で産卵し幼魚は汽水や淡水域で育ち海へ下る。
出世魚で全長80センチ程になる。砂泥と一緒に餌を採るため、水域によっては泥臭い。
旬は秋から冬で、弾力のある白身で寒ボラは臭みも少なく脂がのり、刺身や塩焼き、煮付けなどに向く。
肥厚した胃はボラのへそ、卵巣の塩漬けは珍味のカラスミです。
40ないし50㎝以上をトドと呼びますが、これ以上大きくならないことから挙句の果て、
結局のところ、もうどうしようもない等を意味し「とどのつまり」の語源になっています。
イナ、スバシリ、イセゴイ、マボラ、クチメとも呼ばれる。




以上の画像はmaruk.jpで高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑
| comments(0) | trackbacks(0) | [さかな] ボラ(鯔) | TOP↑ |