さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【海水魚114】アンコウ、キアンコウ



あんこう(鮟鱇)、きあんこう(黄鮟鱇)
アンコウ目アンコウ科アンコウ属とキアンコウ属の海水魚で、区別されない地域もあるが、
アンコウは北海道南部から東シナ海、フィリピン、アフリカまで、
キアンコウは北海道から黄海、東シナ海の北部に分布し水深30から500mに生息する深海魚。


日本ではアンコウとキアンコウが主でよく似ている、
キアンコウは全長1.5m、アンコウは全長40㎝程になる。
口が大きく歯が鋭いグロテスクな魚で、体全体が柔らかで吊るし切りでさばかれる。


旬は肝が大きくなる晩秋から冬で高級食材。
骨以外が食べられ鍋や唐揚げに向き、特にアンキモは人気食材。
アゴ、アゴウラ、アンコとも呼ばれる。
アンコウはホンアンコウ、ナダアンコウ、キアンコウはクツアンコウ、
イシアンコウ、オキアンコウとも呼ばれる地域もあります。




以上の画像はmaruk.jpで高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑
| comments(0) | trackbacks(0) | [さかな] アンコウ(鮟鱇) | TOP↑ |