さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【淡水魚93】ゲンゴロウブナ、ギンブナ



げんごろうぶな(源五郎鮒)
コイ目コイ科フナ属の淡水魚で、日本全国に分布し、河川の流れの緩やかな下流域、
湖沼の中層に生息し、鮒の中では一番体高が高くて全長40センチ程になる。
全国で放流されている。旬は晩春から初夏と秋で、
フナ類の中では一番美味しいとされ、煮付けや甘露煮に向く。
ヘラブナ、カワチブナ、オウミブナとも呼ばれる。


ぎんぶな(銀鮒)
コイ目コイ科フナ属の淡水魚で、日本や朝鮮半島、中国に分布し、
湖沼や池、河川の中から下流域に生息し、全長30センチ程になる。
食用利用は減ったが鯉と同じで重要な食用淡水魚の一つ。
旬は冬から夏にかけてで、煮付けや甘露煮に向く。
マブナ、ヒワラ、シブナとも呼ばれる。




以上の画像はmaruk.jpで高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑
| comments(0) | trackbacks(0) | [さかな] フナ(鮒) | TOP↑ |