さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【海水魚64】イカナゴ



いかなご(玉筋魚)
スズキ目イカナゴ科イカナゴ属の海水魚で、沖縄以外の日本各地、朝鮮半島に分布。
内湾の砂底に生息し、20センチ前後になる。
早春から初夏にかけてが旬。大きさで変わるが釘煮(佃煮)や釜揚げ、シラス干し、かき揚げに向く。
カマスゴ、コウナゴ(小女子)、カナギ、メロド、オオナゴとも呼ばれる。


しらす(白子)
食用にされているのはカタクチイワシ、マイワシ、イカナゴなどの稚魚で、
2センチ程度までのものが基本的にシラスと呼ばれており、透き通っています。
釜ゆでしたものが釜揚げシラス、干したものがチリメンと呼ばれています。




以上の画像はmaruk.jpで高解像度画像をお買い求めいただけます。
「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑
| comments(0) | trackbacks(0) | [さかな] イカナゴ(玉筋魚) | TOP↑ |