さかなや魚介類図鑑ブログ

白背景写真で分かりやすい魚・魚介類の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
【海産物257】カメノテ



かめのて(亀の手)
フジツボ目ミョウガガイ科で、北海道以南の岩礁の割れ目に生息する。全長4cm程度になる。
貝のように見えるが甲殻類でフジツボの仲間。
旬は春から夏で、袴を取りピンク色の身を食用にする。
塩湯でや汁物に向く。タカノツメとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online sutore」で高解像度画像をお買い求めいただけます。
またカメノテはmaruk.jp「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(1) | trackbacks(0) | [さかな] 海産物 その他 | TOP↑ |
【海産物255】マボヤ



まぼや(真海鞘)
マボヤ目マボヤ科のホヤで、北海道から九州に分布し、岩礁域に生息する。
高さ15〜20cm程度になる。色は鮮橙赤色で、皮をむき筋肉や内臓を食用にする。
特有な香りがあり好き嫌いがはっきりするが、形から「海のパイナップル」とも呼ばれる。
天然より養殖物が出まわる。
旬は春から夏で、刺身や酢のもの、吸い物、塩辛に向く。ホヤとも呼ばれる。




以上の画像は「maruk online store」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

またマボヤは「生鮮の素プラス」さかなや魚介類図鑑 の画像CDに収録されています。
| comments(0) | trackbacks(0) | [さかな] 海産物 その他 | TOP↑ |